FC2ブログ

自動車保険はもっと安くなる!

自動車保険各社は新サービスがぞくぞく登場! 最新のサービス&割引制度を大公開! 見積もり比較して、理想的な自動車保険を選びましょう。
管理者ページ 
自動車保険投票ランキング

自動車保険各社
アクサダイレクト総合自動車保険
そんぽ24の自動車保険
アメリカンホーム・ダイレクトの自動車保険
三井ダイレクト損害保険株式会社
家計を管理するのは、奥様なのに、
自動車保険は旦那様まかせになっていませんか?

保障内容がわからないからついつい旦那様まかせ、と言うかたが多いのでは

でも、わからないは禁句です。
今すぐ、比べてムダをなくしましょう!

たとえば、
・免許証の色がゴールドになった
・年齢が22歳になった
・年齢が35歳になった
・子供が独立した
・車通勤をやめた
・セカンドカーを持った 

など、環境の変化により
必要な保障も変わり、保障を見直すことで
保険料を安くすることができます。

ダイレクト保険だとムダを省いて、必要な部分だけを保障してくれます。

インターネットや電話なので加入できる保険は、
見積もり、加入が手軽に出来ます。

特にインターネット加入では、どの保険会社も割引を適用しています。

わからないことは電話を利用して、
加入はインターネットでしましょう!

まずは、無料で一括見積をとり比較しましょう!
見積もりはこちらから↓
保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!

スポンサーサイト



リスク細分型自動車保険は、任意で加入する自動車保険です。
自動車保険には、加入が義務付けられた自賠責保険がありますが、
補償が死亡3000万円、後遺障害4000万円までの対人賠償と限定されているため、多くのドライバーが任意保険に加入しています。

任意保険と呼ばれる自動車保険のなかでも、
リスク細分型自動車保険は、
年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況(走行距離など)
車種、安全装置、所有台数、地域の9つのリスク要因によって保険料を設定します。
同じ補償でも、リスクが低ければ保険料を抑えられるのが特徴です。
リスク細分型自動車保険では、各社で適用条件が異なりますので、
複数の会社を比較することが大切です。

インターネットを利用すれば、誰でもいつでも気軽に見積もりが取れます。
見積もりを取ってから、わからないことや詳しく聞きたいことがあるときは電話を利用し、契約はインターネットでしましょう!インターネット割引が適用されます。

対面販売だった従来型の自動車保険と違って、何社からでも見積もりが取ることができるので、自分のカーライフにぴったりの保険を探す近道になるはずです。

まずは、一括見積もりで各社から見積もりをとることです。
最近では、ガソリンの値上がりの影響が受け、
マイカー通勤やめて、公共の交通機関を
利用する人が増えているようです。
マイカー通勤をやめると車の使用目的が
通勤からレジャーに変わります。
通勤よりも事故のリスクが低いとされているので、
保険料が安くなる可能性があります。
こうした、暮らしの変化を見逃さず、
自動車保険に反映することで、
一人一人のカーライフに適した
無駄のない保険料を実現できるのです。
自動車保険は保険料だけでなく補償内容、サービスにも各社で違いがあります。
選び方のポイントは自分が自動車保険に何を求めるのかが重要。

とにかく安心したいなら、
チューリッヒアクサダイレクト
三井ダイレクト損害保険株式会社
そんぽ24
などの通販の自動車保険をメインに
国内損保のもふくめてまず、見積もりを取ってみること。

各社で補償内容、サービスが異なるといっても、
事故相手への補償(対人対物)と
自分への補償(搭乗者傷害人身傷害など)は
それほど大きな差はないので、安いところを選べばいいです。

年齢や地域、年間走行距離などで保険料はかなり違ってきます。

簡単に探すにはインターネットの見積もりサイトを利用するのが一番です。